ソフトバンク高橋純平「不倫」「中絶」と「飲酒運転」疑惑のオンパレードでクビまっしぐらか | The Audience
ソフトバンク高橋純平「不倫」「中絶」と「飲酒運転」疑惑のオンパレードでクビまっしぐらか | The Audience
スポーツソーシャル芸能
  • ホーム
  • スポーツ
  • ソフトバンク高橋純平「不倫」「中絶」と「飲酒運転」疑惑のオンパレードでクビまっしぐらか

ソフトバンク高橋純平「不倫」「中絶」と「飲酒運転」疑惑のオンパレードでクビまっしぐらか

ソフトバンク高橋純平「不倫」「中絶」と「飲酒運転」疑惑のオンパレードでクビまっしぐらか
The Audience

 大混戦のプロ野球パ・リーグで首位を走るソフトバンクホークスにまたもスキャンダルか――。

 今月初旬に、昨年のドラフトで1位指名した風間球打投手がコロナ禍の中、出会い系アプリやSNSで頻繁に女性を誘い、外出していたことを「週刊文春」(文藝春秋)が報じていたのだが。
 
 22日、61万人を超えるフォロワーを抱えるSNS界隈きっての情報通にして「炎上請負人」の異名を持つ“滝沢ガレソ”さんが高橋純平投手に関する数々の疑惑に触れたのである。
 
 滝沢さんが投稿したインスタグラムやLINEなどのスクリーンショットからは、高橋投手が「不倫」「中絶」「飲酒運転」をしていたのではないかという疑惑が浮上している。
 
 高橋投手は2015年のドラフトで中日、日本ハムとの3球団競合の末にソフトバンクが交渉権を引き当て、将来を嘱望された高卒の大物投手だった。
 
 2019年には45試合に登板し、17ホールド、防御率2.65をマークし、さらなる飛躍が期待されていたものの2020年は1軍登板ゼロ。昨年序盤は10試合を投げ無失点と、ブルペンを支える役割をしっかり果たしていたが5月初旬に不注意により右手甲を骨折し、以降は1軍での出場がないままとなっている。
 
 そんな中でのグラウンド外での数々のスキャンダルを受け、ファンからは「何をやっているんだ」「もうクビでいいでしょこんなんだったら」など厳しい意見が多数飛んでいる。
 
 今回の疑惑を受け、ソフトバンクがどのような判断を下すのか。今後の展開に注目が集まる。
 
(文/有村和巳)
 
 ~ライター略歴~
 静岡県出身
 大学までは野球部で白球を追いかけていた
 今は野球を中心にスポーツ全般の記事を執筆している