橋之助でも芝翫でも「変わったのは名前だけ」不倫根性変わらず三田寛子と離婚へ | The Audience
橋之助でも芝翫でも「変わったのは名前だけ」不倫根性変わらず三田寛子と離婚へ | The Audience
スポーツソーシャル芸能
  • ホーム
  • 芸能
  • 橋之助でも芝翫でも「変わったのは名前だけ」不倫根性変わらず三田寛子と離婚へ

橋之助でも芝翫でも「変わったのは名前だけ」不倫根性変わらず三田寛子と離婚へ

橋之助でも芝翫でも「変わったのは名前だけ」不倫根性変わらず三田寛子と離婚へ
The Audience

 「週刊文春」(文藝春秋)が『23歳下の美女と京都3泊 中村芝翫、4年ぶりの不倫スキャンダル』とのタイトルで、三代目・中村橋之助で八代目・中村芝翫さんに関する不倫を報じている。


 2016年9月、三代目・中村橋之助を名乗っていたころの中村さんは、今回とは別の女性で人気芸妓との不倫を「週刊文春」に報じられている。
 
 そのときは「これからが、彼の男として、人としての見せどころ」と妻の三田寛子さんは𠮟咤激励していましたが、再びの裏切り行為でほとほと愛想を尽かせているかもしれない。
 
 「『芸の肥やし』とかいって特権化しようとしている時代錯誤な方々のいる職務領域」と、中村さんだけでなく歌舞伎界そのものを否定するコメントもネット上にはいくつも見られる。

 コンプライアンスが絶対的になっている現代社会において、本当に今もなお「不倫は古き良き時代からの伝統」だとでも思っているのだろうか。
 
 三田さんも今回の件で「週刊文春」の取材に応じており、中村さんに対する思いや子どものこと、さらには離婚についての考えも明日発売の本誌が詳報しているとのこと。
 
 気になる方はぜひそちらをチェックしてみていただきたい。
 
(文/佐藤博幸)