黒木華&溝端淳平&野村周平『ゴシップ』視聴率不調…菅田将暉とフジテレビの責任とは | The Audience
黒木華&溝端淳平&野村周平『ゴシップ』視聴率不調…菅田将暉とフジテレビの責任とは | The Audience
Uncategorizedスポーツソーシャル芸能
  • ホーム
  • 芸能
  • 黒木華&溝端淳平&野村周平『ゴシップ』視聴率不調…菅田将暉とフジテレビの責任とは

黒木華&溝端淳平&野村周平『ゴシップ』視聴率不調…菅田将暉とフジテレビの責任とは

黒木華&溝端淳平&野村周平『ゴシップ』視聴率不調…菅田将暉とフジテレビの責任とは
The Audience

 黒木華さん主演で溝端淳平さんや野村周平さんらが共演のドラマ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系)第2話が13日放送された。

 視聴率は世帯平均で6.0%、個人平均で3.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。世帯平均で見ると第1話の6.5%から0.5ポイント低下したことになる。
 
 「第1話は放送日が1月6日と、まだ正月気分や正月特番のスケジュール感から抜け出していないタイミングでの放送だったということで、『6.5%だったけど、次から伸びるのでは』という見方もありました。
 
 ところが、第2話ではさらに数字を下げてしまいましたので、今後もなかなかに厳しい戦いが予想されます。
 
 ストーリー自体はまずまず視聴者に受け入れられている印象ですが、黒木さん演じる主人公・瀬古凜々子(せこりりこ)のカタブツすぎるキャラクターがやや敬遠されている感じです。
 
 いかにして瀬古凜々子の現在の姿が生まれたのか、という部分がもう少し掘り下げられると視聴者が見やすくなってくるかもしれませんね。
 
 また、瀬古凜々子の服装や髪型にも問題があるかもしれません。
 
 と言いますのも、毛量の多い髪に重めトーンのマフラーとコートという出で立ちが、同じくフジテレビ系で放送開始となった菅田将暉さん主演ドラマ『ミステリと言う勿れ』の主人公・久能整(くのうととのう)とかなり被っているんですよ。
 
 『ミステリと言う勿れ』は初回の世帯平均視聴率が13.6%と好スタートを切っただけに、両ドラマにとって主人公のパッと見が同じに見えるというのはマイナス要素でしかないのかなと」(メディア記者)
 
 『ゴシップ』の成功の鍵は、『ミステリ』との差別化が鍵を握っているのかもしれない。
 
(文/スコッティ角筈)
 
 ~ライター略歴~
 長崎県出身
 本人曰く「ヲタク」として生きていくためにライター稼業を始めたとのこと
 アイドルやドラマ関連の記事を多く執筆する