テレ朝が前山剛久について報道も…神田沙也加さん遺書や音声スルーで「根強いナベプロ忖度」 | The Audience
テレ朝が前山剛久について報道も…神田沙也加さん遺書や音声スルーで「根強いナベプロ忖度」 | The Audience
Uncategorizedスポーツソーシャル芸能
  • ホーム
  • 芸能
  • テレ朝が前山剛久について報道も…神田沙也加さん遺書や音声スルーで「根強いナベプロ忖度」

テレ朝が前山剛久について報道も…神田沙也加さん遺書や音声スルーで「根強いナベプロ忖度」

テレ朝が前山剛久について報道も…神田沙也加さん遺書や音声スルーで「根強いナベプロ忖度」
The Audience

 神田沙也加さんの交際相手として注目を集めている前山剛久さんが、体調不良により2月に予定していた舞台を降板、芸能活動を当面の間休止すると発表したことを受けて、メディアミックスによるスマートフォンゲーム『千銃士:Rhodoknight』が11日、公式サイトにて前山さんが務めていた邑田役の声優を降板することになったと発表した。

 この発表に関し、テレビ朝日のニュースサイト「テレ朝ニュース」も11日に報じている。
 
 「前山さんに関するニュースは、『週刊文春』(文藝春秋)以外の大手メディアは及び腰でしたからね。
 
 まさか、テレビ朝日が自社のニュースサイトで報じるとは思いませんでした。
 
 ただ、文春が報じている、遺書とみられる神田さんから前山さん宛の書き置き、前山さんが神田さんを罵倒する音声データ、このあたりがネットでの最大の注目事なワケですけど、さすがにテレビ朝日が報じる可能性は低いと見られています。
 
 『テレビもスポーツ紙も週刊誌も、文春以外は前山の後ろについているナベプロの存在にビビってるか、ナベプロから圧力かかってるだろう』という見解が強いですから」(メディア記者)
 
 なお、日テレ、TBS、フジテレビ、テレ東の民放各社はテレビ朝日と同様に自社のニュースサイトを保有しているが、現在、前山剛久さんに関するニュースは配信していない。
 
(文/江口のりお)