那須川天心も「八百長」か…シバターに敗戦の久保優太が“裏事情”暴露でRIZINの主張は | The Audience
那須川天心も「八百長」か…シバターに敗戦の久保優太が“裏事情”暴露でRIZINの主張は | The Audience
Uncategorizedスポーツソーシャル芸能
  • ホーム
  • スポーツ
  • 那須川天心も「八百長」か…シバターに敗戦の久保優太が“裏事情”暴露でRIZINの主張は

那須川天心も「八百長」か…シバターに敗戦の久保優太が“裏事情”暴露でRIZINの主張は

那須川天心も「八百長」か…シバターに敗戦の久保優太が“裏事情”暴露でRIZINの主張は
The Audience

 昨年大晦日に行われた格闘技イベント「RIZIN.33」で、YouTuberで総合格闘家のシバターさんに敗れた、元K-1ウェルター級王者の久保優太選手。

 試合後に「嘘をつく人生は嫌だな。正直者が馬鹿を見るのか」と意味深なツイートを投稿。
 
 その後、久保選手の義兄が、試合前にシバター選手が久保選手に「1ラウンドはお互いに決着せず2ラウンドでガチンコ勝負しましょう」といった提案をしていたことを暴露。当時のやり取りのスクリーンショットまで掲載したことで、「八百長があったのではないか」という声や、「これは八百長とは言わないでしょ。相手を油断させる効果はあったとしても、K-1で頂点を極めた久保選手がこれを言い訳にはできない」などの指摘が出る事態へと発展。
 
 これを受け、シバター選手は自身のYouTubeチャンネルを更新し「八百長や事前の打ち合わせなんて一切ない」としつつ、「仮に万が一、そんな提案があったとしても、K-1でチャンピオンになった久保選手がそんな内容を受けるべきではない」と含みを持たせた言い方をしていた。
 
 そんな中、久保選手は“青汁王子”こと起業家の三崎優太さんのYouTubeチャンネルにて、青汁王子から直電を受け、「台本の話は試合の1週間ほど前」とし、「(シバター選手から)1ラウンドは顔を殴らないでくれ、蹴りはミドルやローをいくらでも受けるから。この話を飲んでくれなければ、試合を辞退しますと言われた」と明かし、「試合を成立させることを優先して台本を受け入れた」と経緯を説明した。
 
 「『やっぱりシバターは最低』といった声が、あらためて噴出しているようですけど、こんな暴露をしたところで久保選手が負けた事実は変わらないですし、何の名誉回復にもつながらず、むしろ久保選手の印象をどんどん悪くするだけのような気がしますね。
 
 シバター選手としては、もう格闘技を続けるつもりはほとんどないでしょうし、こうやって話題になることで自身のYouTubeチャンネルのアクセスが稼げて願ったり叶ったりではないかと。
 
 『久保選手がこうして騒ぎ立てることすらも、台本の一部では?』という指摘もあるくらいです。
 
 ただ、一番の問題はイベントを主催した『RIZIN』の地位低下の部分かと。
 
 今回の騒動で、『そもそも、他の試合、今回に限らずこれまでに開催されてきたすべての試合について、こうした事前打ち合わせみたいなものがあった可能性もあるんじゃないか』『全戦全勝の那須川天心だって、もしかしたら台本ありきで最強王者に祀られたってことも、100%否定できなくね?』といった声が出て来ていますからね」(メディア記者)
 
 今後、シバター選手や久保選手に対しRIZINがどのような対応を取るのか、他の選手の名誉のためにも早い動きが期待されるところだろう。
 
(文/有村和巳)
 
 ~ライター略歴~
 静岡県出身
 大学までは野球部で白球を追いかけていた
 今は野球を中心にスポーツ全般の記事を執筆している