シバター節「ねつ造」で宮迫博之と場外乱闘「さすが東スポ」の真相 | The Audience
シバター節「ねつ造」で宮迫博之と場外乱闘「さすが東スポ」の真相 | The Audience
Uncategorizedスポーツソーシャル芸能
  • ホーム
  • スポーツ
  • シバター節「ねつ造」で宮迫博之と場外乱闘「さすが東スポ」の真相

シバター節「ねつ造」で宮迫博之と場外乱闘「さすが東スポ」の真相

シバター節「ねつ造」で宮迫博之と場外乱闘「さすが東スポ」の真相
The Audience

 YouTuberであり、プロレスラー、総合格闘家のシバターさんが大晦日に行われた総合格闘技イベント「RIZIN.33」にて、元K-1ウェルター級チャンピオンの久保優太選手を相手に1本勝ち。

 戦前の圧倒的不利との見方を覆す見事な“ジャイアントキリング”だった。
 
 「東スポWeb」では「祝勝会しましょう。(焼き肉屋の)牛牛で。宮迫のところは行かなくていい」とのシバター節も飛び出したとしているのだが……。
 
 「『これシバターが気を使い宮迫のとこに行かなくていいのか、ヒカルに聞いたんだよ。ヒカルは3月オープンだからと答えた』『マスコミのハラスメント、マスハラですわ』『東スポお得意のねつ造ですね』『さすが東スポ!嘘まる出しw』と、真相を知るファンなどから一斉に間違いを指摘されている状況ですね。
 
 東スポ報道によって、『シバターにやり玉にあげられた』と勘違いしたのか、宮迫博之さんは自身のYouTubeチャンネルで『牛宮城は3月1日オープンなので、祝勝会はどのみち無理ですよ』とコメントしてもいましたし、とんだトバッチリを受ける状況となっています」(メディア記者)
 
 年末年始も、東スポテイストはぶれない、ということだろうか。
 
(文/等々力おさむ)
 
 ~ライター略歴~
 山梨県出身
 かつては某俳優の付き人を務めていた
 現在は芸能ネタを中心にライターとして活動中