二宮和也『浅田家!』と北川景子『ファーストラブ』は嵐にフォーカスさせるために被害者となった!? | The Audience
二宮和也『浅田家!』と北川景子『ファーストラブ』は嵐にフォーカスさせるために被害者となった!? | The Audience
Uncategorizedスポーツソーシャル芸能
  • ホーム
  • 芸能
  • 二宮和也『浅田家!』と北川景子『ファーストラブ』は嵐にフォーカスさせるために被害者となった!?

二宮和也『浅田家!』と北川景子『ファーストラブ』は嵐にフォーカスさせるために被害者となった!?

二宮和也『浅田家!』と北川景子『ファーストラブ』は嵐にフォーカスさせるために被害者となった!?
The Audience

 17日夜の時点で、「上海国際映画祭」の公式サイトに“NIPPON EXPRESS”部門への参加作品として、三浦春馬さん主演『天外者』(配給:ギグリーボックス、監督:田中光敏さん)、浜辺美波さん主演『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』(配給:ギャガ、監督:英勉さん)などとともに、二宮和也さん主演『浅田家!』(配給:東宝、監督:中野量太さん)はすでに紹介されていた。


 だが、二宮さんの『浅田家!』に関しては25日を迎えた今日まで、大手メディアで「上海国際映画祭」に参加することが決まっていることを報じられていない。
 
 それはなぜか……。
 
 「17日から数日の間は、謎が解けませんでした。

嵐としての“上海国際映画祭”への参加を際立たせる

 ですが、23日に二宮和也さんが所属するアイドルグループ・の20周年ツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』のライブ映像が、“上海国際映画祭”のGala部門とDolby Vision部門への正式出品が決まったというニュースが数々のメディアで報じられたことで謎が解けました。
 
 二宮さん個人での活躍を先出ししてしまうことで、インパクトが低下することを避け、嵐としての“上海国際映画祭”への参加を際立たせる目的があったのでしょう。
 
 『ARASHI Anniversary Tour 5×20』のライブ映像を監督したのは堤幸彦監督で、堤監督は別途、北川景子さん主演『ファーストラブ』でも“上海国際映画祭”に参加することが決まっていましたが、『ファーストラブ』の参加に関する情報がリリースされていなかったのも、同様の理由だろうと思われますよ」(メディア記者)
 
 ジャニーズサイドの意向か、それともメディア側の忖度か。
 
 いずれにしても、『浅田家!』や『ファーストラブ』の関係者としては、たまったもんじゃないようにも思うが……。
 
(文/中野慎二郎)
 
 ~ライター略歴~
 東京都中野区出身
 演劇&音楽を愛しアーティスト活動を20年に渡り行うも鳴かず飛ばず
 2017年より自身の経験と人脈ををもとにフリーライターとして活動