清田育宏「永久欠番」へ…入団前から「お騒がせ」体質である意味「有終の美」 | The Audience
清田育宏「永久欠番」へ…入団前から「お騒がせ」体質である意味「有終の美」 | The Audience
Uncategorizedスポーツソーシャル芸能
  • ホーム
  • スポーツ
  • 清田育宏「永久欠番」へ…入団前から「お騒がせ」体質である意味「有終の美」

清田育宏「永久欠番」へ…入団前から「お騒がせ」体質である意味「有終の美」

清田育宏「永久欠番」へ…入団前から「お騒がせ」体質である意味「有終の美」
The Audience

 21日、「フライデー」(講談社)が2度あることは3度あるを証明してみせた。


 千葉ロッテマリーンズの清田育宏選手が、すでに2度不倫をスクープされていた「フライデー」に、またしても別の女性との不倫を報じられたのである。
 
 今回ばかりは、いよいよ球団やプロ野球選手会からの擁護を受けられる可能性は低く、このまま引退となるのではないかと噂されている。
 
 「さすがに、もう清田選手を1軍の舞台で見ることはなさそうですね。

選手会も匙を投げる可能性が高そう

 ロッテファンからも『他の選手へ迷惑だし、悪影響しかないのでスパっとクビにしろ』『たとえ2軍でも2度と神聖なグラウンドを汚させるな』など厳しい意見が飛んでいる状況です。
 
 前回の不倫スクープ時には、最終的にロッテと言うよりも、プロ野球選手会の手厚いフォローにより、風前の灯火だった清田選手の選手生命は延命されることになりましたが、謹慎明け直後のスキャンダルで、いよいよ最後の砦だった選手会も匙を投げる可能性が高そうですからね。

 清田選手はプロ入り前、アマチュアNo.1外野手という評価でした。

 日本代表としてアジア大会に出場し3番打者としてMVPを獲得するなど大活躍した、強肩・強打が売りの選手でしたから、ドラフトは1位か2位で獲得されるだろうと見られていました。
 
 しかし、実際には4位指名で、同年のロッテの1位指名は現在リードオフマンとして活躍している荻野選手でした。
 
 清田選手はドラフト後、予想外の下位指名にプライドが傷付けられたということで入団拒否を表明。
 
 どうにか入団してもらえるようにと、ロッテが契約金も年俸も背番号もドラフト1位と同等のものを用意し、何とか入団にこぎ着けたという歴史があります。
 
 そんなお騒がせ体質はベテランとなった今も変わっていなかったと言えるかもしれませんね。
 
 引退となれば、清田選手が付けている“背番号1”は既存の選手が番号変更するか、新入団選手が付けるというのが通常の流れですが、引退の経緯が経緯だけに、誰も付けたがらない“呪いの番号”として実質的に『永久欠番』となってしまうのではないかとも言われていますよ」(スポーツ記者)
 
 確かに、この後ロッテで背番号1を背負うのは罰ゲーム的な要素が出て来てしまうかもしれない。
 
(文/有村和巳)
 
 ~ライター略歴~
 静岡県出身
 大学までは野球部で白球を追いかけていた
 今は野球を中心にスポーツ全般の記事を執筆している