三浦春馬「天外者ノベライズ」重版出来のペースが「ヤバい」 | The Audience
三浦春馬「天外者ノベライズ」重版出来のペースが「ヤバい」 | The Audience
Uncategorizedスポーツソーシャル芸能
  • ホーム
  • 芸能
  • 三浦春馬「天外者ノベライズ」重版出来のペースが「ヤバい」

三浦春馬「天外者ノベライズ」重版出来のペースが「ヤバい」

三浦春馬「天外者ノベライズ」重版出来のペースが「ヤバい」
The Audience

 全国発売開始からわずか1週間で“2度目”の重版出来予定まで決まってしまった。

 昨年12月11日より全国公開され、今もなお多くの映画館で上映されているロングヒット映画『天外者』のノベライズ本の話である。
 
 全国発売当日の15日に、早くも1度目の重版出来が26日となることが決定していたのだが……。

4月2日に“2度目”の重版出来

 「早くも、4月2日に“2度目”の重版出来となることが決まったと、出版元の講談社がツイッターなどを通じて発表していますよ。
 
 この発表には、ファンから『増販おめでとうございます。素敵な作品を届けてくださりありがとうございました』『沢山の方に届いて欲しいですね』など、喜びのコメントが寄せられている状況です。

 繰り返しにはなりますが、これだけ多くの人に愛され支持される作品が、昨年12月の公開を迎えずに“お蔵入り”になる可能性もあったとは……あらためて色んな思いがありますね。

 ただ、そんな色んな思いを吹き飛ばしてくれる、現状の『天外者』が置かれている状況には、ただただ尊敬と感謝しかありません」(メディア記者)
 
 『天外者』についてはDVD化や海外上映の話も、少しずつ具体性が出てきている。
 
 今後の動向からも全く目が離せない。
 
(文/中野慎二郎)
 
 ~ライター略歴~
 東京都中野区出身
 演劇&音楽を愛しアーティスト活動を20年に渡り行うも鳴かず飛ばず
 2017年より自身の経験と人脈ををもとにフリーライターとして活動