篠田麻里子「喪中」あいさつを元日に…着物姿のセルフショットも添えて篠塚孝哉との「不倫」騒動の封じ込め狙いか | The Audience
篠田麻里子「喪中」あいさつを元日に…着物姿のセルフショットも添えて篠塚孝哉との「不倫」騒動の封じ込め狙いか | The Audience
スポーツソーシャル芸能
  • ホーム
  • 芸能
  • 篠田麻里子「喪中」あいさつを元日に…着物姿のセルフショットも添えて篠塚孝哉との「不倫」騒動の封じ込め狙いか

篠田麻里子「喪中」あいさつを元日に…着物姿のセルフショットも添えて篠塚孝哉との「不倫」騒動の封じ込め狙いか

篠田麻里子「喪中」あいさつを元日に…着物姿のセルフショットも添えて篠塚孝哉との「不倫」騒動の封じ込め狙いか
The Audience

 昨年末に、旅行会社社長の篠塚孝哉さんとのダブル不倫が報じられ、不倫をめぐる夫との修羅場音声がネット上に拡散されるなど渦中の人となった、元AKB48メンバーでタレントの篠田麻里子さん。

 篠田さんが1日、自身のインスタグラムを更新。艶やかな着物姿のセルフショット3枚を添えて「喪中につき年始のご挨拶は差し控えさせていただきます 2023年も皆さんにとって良い一年になりますように」とコメントした。
 
 「年賀はがきでなくとも、喪中のあいさつをするのであれば前年の12月前半までには済ませておくべきで、どんなに遅くとも年が明ける前にしておかなければいけません。
 
 そうしなければ、知らずに年賀はがきや年賀メールを送ってしまう人が出てしまいますからね。
 
 『このタイミングで喪中のお知らせとはどういう神経をしているんだ』『喪中だから不倫の件も騒ぐなよ、っていうせこいアピールだろ』といった指摘が出ていますが、致し方ないのではないかと思います」(メディアコメンテーター)
 
 喪中のあいさつによって、「今年もタレント・篠田麻里子として生きる」ということを主張しているのだろうが、かえって不倫騒動の炎上を広げるきっかけとなってしまうかもしれない。
 
(文/猫山 恭輔)